luatexja-presetの利用(原の味フォント)

TeXというカテゴリーをつくった。これから,TeXで試行錯誤したことなどを,自分用に記録していこうと思う。

まずは,luatexja-presetについて。しばらく前から,upLaTeXからLuaLaTeXへ移行した。luatex-jpパッケージを使うのがおもな目的だった。そこで,luatexja-presetパッケージを使って,日本語フォントの設定をしてみた。

原の味フォントの設定

\usepackage[haranoaji,deluxe,nfssonly,jis2004]{luatexja-preset}

プリセットなので簡単だ。オプションについては,次の通り。

  • haranoaji:原ノ味フォントのプリセット。
  • deluxe:明朝体,ゴシック体それぞれ3つのウェイトと,丸ゴシック体1つ,合計7つが使用可能にする。
  • nfssonly:LaTeX標準のフォント選択機構NFSS2を使って,複数の和文フォントを定義して使えるようにするらしい。deluxeで7書体を使う場合に必要と思って加えてある。
  • jis2004:可能な限りJIS X 0213:2004 の字形を使う指定。jis90とすれば,JIS X 0208:1990 の字形になる。

この設定で,次のようなフォントが使えるようになる。

family series font file
明朝 light HaranoAjiMincho-Light.otf
medium HaranoAjiMincho-Regular.otf
bold HaranoAjiMincho-Bold.otf
ゴシック medium HaranoAjiGothic-Regular.otf
bold HaranoAjiGothic-Bold.otf
extra bold HaranoAjiGothic-Heavy.otf

原の味フォントの例

次のように指定することで,7種類の書体を使うことができる。なお,実際のソースは,改行させるために1行ごとに空行が入れてある。

\mcfamily
{\ltseries この行は明朝体の細字指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
{\mdseries この行は明朝体の中字指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
{\bfseries この行は明朝体の太字指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
\gtfamily
{\mdseries この行はゴシック体の中字指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
{\bfseries この行はゴシック体の太字指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
{\ebseries この行はゴシック体の特太指定。葛飾,蓬莱,煎餅}
\mgfamily
この行は丸ゴシック体の指定。葛飾,蓬莱,煎餅
\normalfont

これをタイプセットすると,次のようになる。


なお,オプションにjis90を指定すると,次のようになる。