luatexja-presetの利用(プリセットの定義)

会社ではDTP環境の整ったコンピュータ(macOS)を使っている。Adobe CCやMorisawa Passportがインストールされている。仕事では,モリサワのUDフォントを使うことが多くなった。そこで,自分用のプリセットmorisawaUDをつくってみた。

\usepackage[morisawaUD,deluxe,nfssonly]{luatexja-preset}
\ltjnewpreset{morisawaUD}{
	mc-l=A-OTF-UDReiminPr6N-Light.otf,  % 明朝体細字 \mcfamily\ltseries
	mc-m=A-OTF-UDReiminPr6N-Regular.otf, % 明朝体中字 \mcfamily\mdseries
	mc-b=A-OTF-UDReiminPr6N-Bold.otf, % 明朝体太字 \mcfamily\bfseries
	gt-m=A-OTF-UDShinGoPr6N-DeBold.otf, % ゴシック体中字 \gtfamily\mdseries
	gt-b=A-OTF-UDShinGoPr6N-Bold.otf, % ゴシック体太字 \gtfamily\bfseries
	gt-eb=A-OTF-UDShinGoPr6N-Heavy.otf, % ゴシック体太字 \gtfamily\ebseries
	mg-m=A-OTF-UDShinMGoPr6N-Regular.otf % 丸ゴシック体 \mgfamily
}
\ltjapplypreset{morisawaUD}

この定義を利用してタイプセットしたサンプルは次の通り。

Pr6Nのフォントを指定したが,jis90のオプションを付ければ,JIS1990の字形で出力される。