モノクロネガのデジタル化

カラーネガフィルムは,Kenkoのフィルムスキャナ(かなり安価なもの)でデジタル化した。保管されていたすべてをデジタル化したはずだ。ただし,古いものは一部で,変色していたり,変質していたりして,うまく再現されなかった。

高校時代から修飾して1,2年くらいまで,撮影したモノクロのネガが多数ある。今度はそれらをデジタル化したいと思っている。Kenkoのフィルムスキャナは簡単に取り込めるが,画像の品質がいまひとつな気がする。カラーネガは,色を反転する方法がよくわからなかったのと,フィルムが痛んできていたので,時間の余裕もなく,このフィルムスキャナで処理した。でも,モノクロなら反転も簡単なので,ネガをカメラで複写する方法を考えていた。

Nikonのスライドコピーのセットを使って実験もして,ほぼ形が固まっていたが,もう少しスピーディにできないものか。

そこで,ライトボックスとガラスを使い,次のようにして撮影することを考えてみた。

この方法と,次のようなKenkoのフィルムスキャナを使う方法,さらにNikonのスライドコピーのセットを使う方法とで,出来上がる画像を比較してみることにした。

まずはデジタル化した画像。

f:id:gzutetsu:20210920121242j:plainKenko

f:id:gzutetsu:20210920111318j:plainライトボックス

f:id:gzutetsu:20210920112702j:plainNikonセット

Nikonのセットは,Nikon D5200+40mmマイクロレンズで複写すれば,画面いっぱいになるのだが,ライトボックスでの複写で使ったのと同じ,SONY NEX-5R+30mmマクロレンズを使ったため,画像が小さくなった。その点は不利ではあるが,この3つで,だいたい同じ部分を拡大して比較して見た。その画像は次の通りで,左から順に,Kenko,ライトボックスNikonセット。

f:id:gzutetsu:20210926150255p:plain

ライトボックスNikonセットではあまり違いを感じないが,Kenkoはやはり画像が劣る。カメラの性能に大きな違いがあるので当然なのだろう。

なお,モノクロネガをデジカメで複写した後の処理は,ImageMagickのコマンドconvertを使って次のようにした。

convert inputfile -type GrayScale -quality 100 -negate -normalize -contrast outputfile

デジカメで複写するときにモノクロで撮れば,-type GrayScaleは不要だろう。-normalize -contrastは,試行錯誤した結果,よさそうだったのでこうした。

Nikon用の望遠ズームで太陽を

持っているレンズの中で,いちばん長いものは,Nikon FマウントのSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM だ。これをLUMIX GX7にセットすれば,35mm換算で最大500mmになる。Fマウント→マイクロフォーサーズのアダプタを持っているので,これで太陽の撮影を試してみることにした。

ただし,このSIGMAのレンズには絞りリングがない。マウントアダプタでLUMIX GX7にせっとできても,絞りはもっとも絞り込まれたところ(F値が最大)で固定されたままになる。まあ,太陽を撮るのだから,絞りは最大値であっても問題ないだろうと思った。

しかし,実際に撮ってみると,こんなことになった。

おそらくセンサー上のゴミと思われるものが多数写ってしまい,まったく使い物にならなかった。

SMC TAKUMAR 135mm F3.5で撮るとこんな感じ。こちらはF11まで絞っているが,ゴミのようなものは目立たない。

ヒガンバナ

今日は敬老の日敬老の日はかつて9月15日だった。この経験が長いので,いまだにピンとこない。

ヒガンバナが咲いているという話をあちこちで聞く。図書館に車で行くときに通る道沿いの畑に,たくさんのヒガンバナがある。ちょっと遠いが,カメラを持ってそこまで歩いて行くことにした。

近所の公園にもヒガンバナを発見。いままであまり気にしていなかった。来年はここもまたチェックしよう。

写真を撮りながら1時間半くらい,ぶらぶら歩いた。この散歩で撮った写真は次の通り。

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+TAMRON24mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+TAMRON24mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+TAMRON24mm

α7C+TAMRON24mm

α7C+Planar45mm/INDUSTAR50mm?

α7C+Planar45mm/INDUSTAR50mm?

α7C+Planar45mm/INDUSTAR50mm?

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+Planar45mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+Planar45mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+Planar45mm

α7C+Planar45mm

α7C+Planar45mm

α7C+Planar45mm

α7C+Planar45mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

α7C+Planar45mm

GX7mk2+12-60mm

GX7mk2+12-60mm

そして最後に,夜になってから撮った月の写真。もうすぐ中秋の名月だが,その日は天気がよくないらしい。

カメラを持って近所を散歩

このところ写真をあまり撮っていない。なので,今日は昼食後にカメラを持って近所を散歩した。

そのときに撮った写真。


こういうすき間に育つ植物に,いつもひかれてしまう。


落ち葉がかなりあった。もう秋なんだ。






葉っぱにできた不思議な模様。どうしてこのような形の模様ができるのか。


バッタがいた。



この2つのカットにはそれぞれバッタが写っている。

こんなふうに。




黒くて大きなハチがいた。


ヤマトシジミも。


これはチャバネセセリか。




64歳になった

今日は誕生日。64歳になった。
朝食では赤飯を炊いてもらった。

夕食は,好物の1つである餃子。安上がりだが問題ない。うれしい。息子にもらったウイスキー知多でハイボールをつくった。

今年はちょっと特別な誕生日。今日をもって役員を退任する。2011年に部長兼務で役員になった。2017年には部長を退いて役員専任になった。管理職や役員になってからも,自分の専門業務をよりうまく運ばせることが重要な仕事だった。皆がよい仕事ができるようにすることだけでなく,自分自身でも担当を持ち,頑張ってこなしてきた。つい最近まで,休日出勤は当たり前だった。

それでも,50歳を過ぎてからは,かなり忙しい一時期を除き,週に1日くらいは休もうと決めていたし,休めるときは,ふつうに土日や祝日を休むようにした。そんなふうに39年半働いてきたが,前半の約20年は,決してうまく言っていたわけではない。後半の約20年では,少しは納得できる仕事になってきたような気はしたが,チームをうまく動かせているかといえば,難しい時期もあった。

60歳に近づいてからは,多くの仕事を後輩たちに引き継いだ。押しつけたようなものもありそうだが,そうすることで,皆がますます力をつけてくれることを願っている。

退任しても,仕事を辞めるわけではなく,立場は異なるが引き続き,これまでと同じような仕事をする。自分でテーマやペースを決めて,地道に開発を進めていきたいと思う。もともといろいろなことを自分でやりたい方なので,そうやって何らかのものを実現できたらと思う。

ここまで大きな病気もせず,やってこられたのは幸せなことだ。就職して結婚もし,子ども二人は大学を卒業し,娘は結婚して専業主婦,息子は独身でいっしょに住んでいるが,社会人になってかなりたつ。

娘はいろいろあって体調もすぐれず,いまは週に何日かはわが家で療養。息子はIT系の中小企業で働いていて,激しく忙しいときがある。いろいろと心配なことはある。仕事は続けるが,かつてのように休日出勤を続けたり,夜中まで働くようなことはなくし,家族のこと,自分自身の将来のことなど,少しは考えるようにしたい。

ハードカバーの取扱いには注意したほしい

Twitterで話題に出ていて気になった写真集があった。Amazonで買おうとしたら,マーケットプレイスでしかなく,6000円以上していた。Amazonでも扱っていて,5500円くらいだったが品切れ中。まあ,急ぐこともない,販売が再開されたら買おうと思っていた。
それが在庫ありになった。値段はさらに安くなり約5100円。早速注文して,今日の午前中に届いた。
ずっしりと重い本だが,段ボールケースではなく,大きな封筒状のもので送られてきた。開け口を引いて中を見ると,ハードカバーの立派な本が,薄いフィルムでラッピンされただけで,緩衝材もなく入っていた。取り出すと無残にも,本の角が傷ついていたり,背がつぶれかけていたり。

ショックだった。やっと手に入れた本がこんな状態とは。それにしても,このようなハードカバーの本は,封筒だったら何らかの緩衝材を入れなければ傷つくのは明らか。本来は,Amazonがよくやるように,段ボール板にラップで固定し,段ボールケースに入れて送るべき。
残念だが交換の手続をした。しかし,すでに在庫がなく,値段も少し下がったようで,交換ができず返品処理した。

なお,ヤマト運輸の営業所への持ち込みが選択肢にあった。スマホQRコードをかざすだけで伝票が出てくるらしいので試してみた。車で5分くらいのところにヤマト運輸の営業所があるので,本を「厳重に」保護して箱に入れて持っていった。タブレットが立てかけてあり,スマホに表示されたQRを読み込ませる。ところが,なかなか読み込んでくれない。何度もやったがダメ。その場合は,後ろ側のカメラを使えという表示があったので,今度はスマホを後ろ側へ。でも,壁との距離が近くて,これもなかなかうまくいかず,何度も動かしている間に読み込みができた。

タブレットが置いてある机の下にプリンタがあって,そこから伝票が出てくるので,それを荷物に添えて窓口に出す。無事に送り出すことができた。