若狭三方五湖とかわだ温泉,越前市の旅:2日目

夫婦旅行の2日目は,越前市界隈をあちこちした。
朝,7時半頃に朝食。

天気予報通りの雨。宿の窓からはこんな感じ。

どうせ雨だからと,部屋でのんびりと支度して,午前10時にチェックアウト。まずは「うるしの里」に行く。人はほとんどいなかった。うるしについての解説展示を見たり,うるしの製品をながめたりした。ここでは写真は撮れなかった。

それから「めがねミュージアム」へ。でも,満員で入れず。予約していますか,と聞かれたことにも仰天。コロナのために入館制限をしていることもあるのかもしれないが,ここにこれだけの人が来るとは驚いた。ここはあきらめて次に向かう。

その途中のそば屋でお昼をと思ったが,その店の前は長い行列ができていた。そのまま通過して,次の目的地「ちひろの生まれた家記念館」へ。駐車場に車を停めて,傘をさして館に向かう。まずは外で記念写真を撮った。

なお,記念館の隣は,古風なつくりの和菓子屋だった。

それほど人はいなくて,ちらほらとすれ違う程度。のんびりとながめた。館を出るときに,近くのパンフレットなどを見ていたら,館の人が声をかけてきてくれた。そばを食べたいと相談したら,さっき行列ができていた店がまず出てきた。そこが一杯だったことを伝えると,近くの店を紹介してくれた。

そこに向かって車を走らせ,ちょっと迷ったが発見。そこの駐車場がわからず,近くの神社に停めて,まずは参拝し,そのままそば屋へ。なお,途中で見かけた古風な酒屋。

これが入ったそば屋「うるしや」さん。

入ってすぐがこんな感じ。

中庭もある。

昨夜の食事は,ビールに日本酒,ワインと飲んで,それなりに楽しんだが,天ぷらだけがよくなかった。最初からテーブルにある冷めたもの。他はおいしく食べたので,特に際立ってヘンだった。その反動で,なんとしてもおいしい天ぷらが食べたかった。また,雨で寒かったので,天ぷらと暖かいそばのセットにした。福井の名物らしい焼き鯖寿司もセットにできるとのことで,1つだけ付けてもらった。

白いつゆは,やや塩分が強い印象だが,そばも天ぷらもおいしかった。そして,焼き鯖寿司もうまかった。

車を停めた神社に戻る途中,サクラの木の根がはっているのか,石畳がふくらんでいるところがあった。

次は「かこさとし絵本館」へ。駐車場がわからず,行き過ぎてしまったが,手前の道を入ったところにあった。正面はこんなふう。

混雑と言うことはないが,来館者はそれなりにいた。

いわさきちひろかこさとし越前市の生まれとは,恥ずかしながら知らなかった。偶然に近くに泊まらなかったら,きっとずっと知らなかっただろう。

次は「紫式部公園」へ。ほとんど人がいない。金ピカの紫式部像に驚きながら,公園内をブラブラして写真を撮った。このとき,雨もあがっていた。








そして最後の目的地である「越前和紙の里」へ。車を停めて,まずは「卯立の工芸館」で和紙をすく実演を見たり,古い家の中を見たりした。







それから「紙の文化博物館」へ行く。

途中に変わったコンビニがありした。

最後に和紙ショップに入って,越前和紙の土産を買う。

土産を買って,トイレによって店を出るとき,店を閉めているのに気づいた。どうも閉店時間に入り,30分くらいあれこれながめていたようだ。迷惑をかけてしまった。

午後4時40分に帰路につき,武生ICで高速に入った。途中,南条SAで夕食,養老SAで休憩して帰宅したのは午後8時ごろだった。

若狭三方五湖とかわだ温泉,越前市の旅:1日目

今日から夫婦二人で一泊二日の旅行。3月頃にかわだ温泉の宿を予約した。ちょっと離れているが,若狭に行きたいと思った。そこで,1日は若狭三方五湖,もう1日はかわだ温泉の近くで過ごすことにした。今日は天気がよいが,明日は雨の予報なので,三方五湖が今日,かわだ温泉の近くを明日にした。

朝7時頃に出発し,10分ほどで名古屋高速に入る。8時頃,養老SAで朝食。女房はきつねうどん,私は名古屋きしめん。また,そこで昼食用に,地雷屋の天むすと,おいしそうだったのでアップルパイを買った。

9時半頃に若狭三方の出口から出て,ちょっとこだわって,久々子湖の方をまわって,始点からレインボーラインに入った。こだわってはみたが,久々子湖の景色は,それほどでもなかったし,始点から入ったレインボーラインもふつうの山道だった。ただ,料金所にはまっすぐの道だったので,横から入ろうとする多くの車を横に見て,すんなりと料金所を通過できた。

料金所での情報によれば,すでに山頂公園がある第一駐車場は満車で,その先の駐車場に停めて,そこからマイクロバスで送り迎えしてくれるとのこと。そのままレインボーラインを進む。最初の駐車スペースは空いていて,景色もよかったので一旦停止して写真を撮ったりした。次の駐車スペースでも車を停めて景色をながめ,すぐに先に進んだ。

第一駐車場は,料金所での情報の通り満車なので通過して,案内の通りにその先の駐車場に停めた。カメラや昼食などを持ってマイクロバスで山頂公園入り口まで。入園券を買ってさあ上まで。ケーブルカーとリフトが選択でき,私たちはリフトにした。遠くに海が広がり,すばらしい眺めだが,ちょっとこわかった。

以下が三方五湖レインボーライン,山頂公園での写真。

























12時半頃に駐車場まで戻り,今度は遊覧船のりばまで向かう。出発は午後1時半なので,少し時間に余裕があったので,水月湖沿いの道をぶらついた。山の上の方に,さっきまでいた山頂公園が見えた。1時半に遊覧船が出発。湖の上は寒かった。




















2時10分頃に戻り,すぐに福井県年縞博物館に向かう。思った以上に人がいた。解説者がいて,短時間でわかりやすく説明をしてくれた。あとは自由に見学。





3時20分に博物館を出て,今日の宿であるかわだ温泉へ。高速道路も使い,けっこう距離がある。4時40分くらいに宿に到着。6時から夕食にして,まずは温泉に入った。

部屋のようす。

午後6時に夕食会場へ行ったら,まだ誰も来ていなかった。風呂あがりなのでまずはビール。瓶ビールのみだそうで,スーパードライ一番搾りか。ここは女房が好きな一番搾りを選んだ。

その後は,刺身がうまそうだったので冷酒,肉にはやっぱり赤ワインとしっかり飲んで食べた。値段の割においしかったし,何よりのんびり自分たちのペースで食べられたのがよかった。









酔っ払ってしまい,部屋に戻ってすぐに眠ってしまった。しばらく寝てから歯を磨いて,また寝た。

写真展 星野道夫 悠久の時を旅する

「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」を見に,ジェイアール名古屋タカシマヤまで出かけた。

10時過ぎに家を出て,1時間くらい見た。星野道夫の写真に,それほど思い入れはないが,名古屋での写真展はそうはない。そんな思いで出かけた。

私は大自然には尻込みしてしまう方なので,あそこまで入り込む気持ちはまったく理解できないが,その意気込み,迫力は半端ない気がした。大きく伸ばしているのに,かなり鮮明な写真も多い。中判カメラだからということもあるが,もちろんそれだけではない。自然を知り,粘り強くチャンスを待ち,確かな技術でとらえているのだろう。

けっこう人が多かった。いろいろな人がいたが,年配の女性が目立ったのは,会場がデパートということもあるのだろうか。元気に,好き勝手なことを話しながら見ているおおらかさには負ける。

久しぶりの名古屋駅だが,あいにくの雨で写真撮影はちょっとだけ。



地下街の大須きしめんにはじめて入って,えび天入りのきしめんを食べた。何度も前を通って,食べてみたいと思っていたが,食べてみるとそれほど大したことはなかった。

身近な植物などの写真

まずは玄関付近の植物など。




ボランティアの女房を車で迎えに行った。少し早めに出かけて,近くの公園で写真を撮った。




ハナムグリが花粉を食べているのだろうか。


この黒いガ,「黒いガ」で検索したら,タケノホソクロバというガのようだ。触角がくしのようになっているようすから,雄だと思われる。