フィルム現像を再び

とうとう買ってしまった。現像タンクやダークバッグ,ポリビン,現像液など。並べるとこんな感じ。

これで35mmモノクロフィルムの現像ができる。結婚するときに持っていた機材をすべて破棄して以来,34年ぶりにそろえた現像セット。

デジタルカメラの便利さから,フィルムカメラはもう使わないと思っていた。どう考えても,デジタルカメラは高性能で,フィルム時代には考えられないくらい便利だ。いまさらフィルムで写真を撮るなんて,懐古趣味以外の何ものでもない。そして私は,その懐古趣味というものには陥りたくないと思っていた。

自分が生まれたときに製造されたライカを,いつかは手に入れたい。そのようには思っていた。でも,継続的にそれで写真を撮るというよりは,1,2回は使っても,あとはケースに入れて飾っておくようなイメージだった。なので,いまでも持っているペンタックスSP,ミノルタXD,コンタックスG1などを使うということも,お遊びで使うことはあったとしても,継続的にはそれで写真を撮ることはあり得ない。デジタルで撮った方がはるかに便利で自由だ。

それが何と言うことだろうか。あれよあれよという間にここまで来てしまった。自分でもよくわからない。懐古趣味なのだろうか。

もともと道具好きなところがある。本当は,写真が好きと言うよりは,カメラが好きだったり,現像したり,画像処理したりすることが好きなのだろう。高校の頃がいちばん現像をしていたと思う。あの頃のワクワクをもう一度。ああ,結局は懐古趣味なのか。

写真ではなく道具,という点も,何とか克服したいところだった。写真をたのしむとは。引退後の趣味の筆頭が写真なので,もっと写真について考えたいと,このところ考えていた。その流れで,なぜか懐古的な現像に向かってしまったようにも思う。考えているうちにあらぬ方向へ。

いろいろ考えながらも,たのしいと思えることを進めていく。それはそれでよいと思う。

Nikonの「接眼目当て」

Nikon Fを使うとき,眼鏡をかけたままファインダーをのぞくことになる。アイカップがあると使いやすそうだが,50年前のカメラにセットできるものがあるのだろうか。そのように思って検索してみると,すぐに見つかった。いまでもNikon純正品が購入できる。早速,ヨドバシ通販で,Nikon 接眼目当て DK-3とFAアイピースを発注。それが届いたので,Nikon Fにセットしてみた。





バッチリだ。

なお,いっしょに接眼補助レンズ(視度補正レンズ)も買ってみた。眼鏡をかけずに使うときにはこちら。まずは眼鏡をかけて使うようにしてある。

万年筆を水洗い

万年筆を何本も持っているが,頻繁に使っているのは会社で1本,自宅で1,2本くらいだろう。そのため,しばらくするとインクが乾いて書けなくなる。ずっと前に買ったモンブランとかパーカーとかシェーファーは,もうインクを入れていない。きれいに洗って片付けた。

いまインクを入れているのは5本のうち,2本は3000円くらいのものだが,残りは1000円以下,1本は300円程度。すべてコンバーターをつけてボトルのインクを使っている。

そう言えば,プラチナのプレピーも3本くらいはインクが入っている。パイロットのペチットワン(万年筆タイプ)も3本くらいはインクが入っている。これらは,インクをいれたままでも,簡単には乾かず,かなり安価だがけっこう楽しめる。

今回は,セーラー万年筆ハイエースネオクリアが書けなくなっていたので,水できれいに洗って,インクを入れ直した。

こんな状況なのにまた1本買ってしまった。パイロットのカクノ。コンバーターと洗浄用スポイトがセットになった限定品。限定にひかれてしまった。カクノは2本目で,以前は極細を買ったが,今度は細字にしてみた。このところ常用インクはブルーブラックなので,ブルーブラックのキャップにした。



これにブルーブラックを入れて,これまでブルーブラックを入れていた極細のカクノには赤インクを入れようと思う。

廃炉時代が始まった

廃炉時代が始まった この原発はいらない (リーダーズノート新書)

廃炉時代が始まった この原発はいらない (リーダーズノート新書)

古い本だが気になった。今だからこそ読んでみたい。

洞川温泉はキャンセルして平城宮跡歴史公園

昨日,夕食を食べたのと同じ部屋で朝食。実はこの部屋,明治26年に島崎藤村が逗留していた部屋らしい。







朝食はこんな感じ。昨夜,たくさん食べたので,朝はそんなに食べられないと思っていたのに,時間になるとちゃんと空腹になった。

食後に庭に出てみた。ただ,陽がさしているのに,小さな粒の雨が降っていたため,のんびりとながめることができなかった。


今日は洞川温泉の予定だったが,泊まる予定の旅館から,昨日三回ほど電話があったようで,今朝,こちらからかけてみた。すると,台風が近づいているためキャンセルが多く,キャンセル料はなしにするがどうするか,と言う問い合わせだった。泊まるだけで,明日はすぐに帰る予定だったが,それなら洞川温泉はまた日を改めて出かけるのもよいかも。そのように考えて,キャンセルすることにした。

今日の日中は,まだ台風の影響もそれほどないので,どこかに立ち寄って帰ろう。そこで思いついたのが平城宮跡歴史公園。2014年10月に一泊二日で奈良に来たときに,近鉄電車からちらっと見えた。私は,会社の社員旅行で来ていたが,女房はまだだったので,そこに決めた。

11時過ぎに到着した。駐車場に車を入れて,ちょっと早いが昼食にした。天平うまし館がレストランになっているようなので,そこで食べることにした。店に入る前に,ちらっと朱雀門をながめた。天気がよく青い空がバックできれいだ。

レストランでは,女房が肉,私が魚を選んだ。共通の前菜セットがついてくる。これだけで十分かもしれない。

食べてから,まずは天平みはらし館へ。ほとんど人がいない。ちょっと見て,すぐに出た。

大極殿まではけっこう距離がある。レンタサイクルを使うことにした。手続きを済ませて再出発。大極殿までは自転車で行けず,その手前の駐輪場に自転車を停めて,あとは歩く。あんなに青空だったのに,いまは空が雲におおわれて,ときどき小雨が降る。

大極殿の中にも入った。






そのまま歩いて,工事中の南門へ。工事中ではあったが,上れるところがあったので,そこに上がる。工事中のところも見ることができるようだが,何が何だかよくわからなかった。遠くに朱雀門をながめることができる。


駐輪場に戻り,自転車に乗って,遺構展示館に向かう。天気はいまひとつ,ときどき小雨が降る。






朱雀門に戻ってきたときには天気が回復していた。朱雀門の近くに自転車を停めて,朱雀門を歩いて渡った。

それからまた自転車に乗って,平城宮いざない館へ。

この歴史公園のもととなる復元を最初に進めた人らしい。

暑くて暑くて,まずはアイスクリームを食べた。

平城宮いざなぎ館にはいろいろあったが,とりあえずものさし。

次は遣唐使の船。まあ,これだけのもの。天気がよくなり日差しが強かった。

天平みつき館で土産を買って,それを車に入れてから,自転車を返却。それから近くまで行って寄らなかった東院庭園に車で向かった。カーナビにセットしたが,道が複雑に折れ曲がっていて間違えてしまった。もともと線路があるので,それを越えるためか,大回りになっていたが,さらに遠く回って到着した。

しかし残念。4時半で閉園,入園は4時までだった。外からながめるのみ。

これで今回の観光は終了。カーナビを自宅にセットして,4時40分くらいに帰路につく。コンビニによってアイスコーヒーを買った。そのときに見えた虹。

渋滞に出会うこともなく,ふつうに走行できた。途中で激しい雨が降ったが,車の流れはよかった。御在所サービルエリアで夕食。あとはまっすぐ自宅まで。8時少し過ぎに無事に帰宅。

吉野温泉旅行(1日目)

今日から15日まで,吉野温泉洞川温泉への夫婦旅行。超大型の台風10号が近づいてきているので,ちょっと心配だったが,15日は,旅館を出たらそのまま帰宅する予定で出かけることにした。

午前6時45分頃に車で家を出た。渋滞はなく,快適なドライブ。家でおにぎりを1つ食べて出てきたが,ちょっともの足りない。8時頃に,亀山PAでパンを買って,外で食べた。東名阪から名阪国道を経由して針ICまで。そこにあった道の駅でトイレ休憩して,先に進む。

宇陀松山にあった道の駅に寄ってみたら,近くに古い街並みがあるらしい。渋滞がまったくなく,予定よりも早く吉野に着きそうだったので,ここで少しぶらつくことにした。そのときに撮った写真。















古い家並みが目立つが,かといって,すべてが古い家でもない。また,見てみたいと思った薬の館は,月曜と火曜が休館日だった。ざっと歩いてみたが,思ったほどでもなかった。

11時20分くらいに,最初の目的地である如意輪寺に到着した。道路沿いにあった駐車場らしき広い場所は,最初はそれとは気づかず,通過してしまった。桜の季節には多くの車で賑わうらしいが,盆のこの頃は車は見当たらなかった。Uターンして戻ろうとした途中にトイレがあり,そこにも駐車できた。如意輪寺にも近そうだったので,そこに停めて歩いた。

如意輪寺まで歩くと,そこにも車を停められるスペースが少しあり,まだ余裕があった。通りから見たときは遅い道だったので,下りるのをやめたが,そこから下りたら,如意輪寺の目の前に車を停めることができたようだ。

如意輪寺で撮った写真は次の通り。









今日と泊まる予定の吉野温泉元湯という旅館に電話して,そこの駐車場に車を停めさせてもらうことに。そちらへ移動して旅館で観光地図をもらう。そこから吉水神社まで歩いて15分くらいと聞いていた。ここから山道に入る。

ところがそこは,細い道でしかも急な上り。息を切らせ,汗だくになって,何とか吉水神社に到着した。

そこで急に雨。それまでも,晴れ間が出ているのに,細かな雨が降ることはあったが,そのときはちょっと大粒の雨で,傘なしでは歩けない。

そのまま吉水神社の中を見てもよかったのだが,昼食を食べたかったので,しばらく吉水神社の前で雨宿りした。思っていた通り,すぐにやんだ。黒門に向かって歩く途中にあった「やっこ」という店で,女房は素麺と柿の葉寿司,葛きりのセット,私はざるうどんと柿の葉寿司のセットを食べた。私のセットはこんな感じ。

その店の席から,窓越しに見える景色。

店には冷房はなく,扇風機がたくさん置いてあるが,さすがに今日は暑い。ただ,窓から入る風が心地よく,ホッとした。

金峯山寺をとりあえず通過して,黒門まで向かう。




これが黒門。思ったよりも小さい。

そこから金峯山寺に戻る途中,アイスクリームを食べて休憩した。そこにあった傘立て。

少し元気を回復して金峯山寺に向かう。

金峯山寺の階段をのぼるところから,足がつり始めた。金峯山寺で撮った写真。




次は,竹林院群芳園に向かうが,途中で2,3回,足がひどくつってしまい,歩けなくなったため,けっこう時間がかかってしまった。




それでも,ときどき写真を撮りながら,何とか竹林院に到着した。

入口は無人で,勝手に拝観料を箱に入れるようになっていた。ちゃんと両替機もある。両替機で千円札をくずして,二人分を支払い,中に入った。中で撮った写真は次の通り。








そして最後に吉水神社。その途中にあった,懐かしい瓶コーラの販売機。トタンでおおわれていた。

吉水神社のようす。






いまがシーズンオフなのか,工事をしていた。

暑さと,歩き疲れたのと,足がつったのとで,ヘトヘトになって宿に戻ったのは午後4時頃だった。エアコンのきいた部屋に入って,生き返る心地。


少し休んでから,女房は温泉に入りに行った。私は部屋でテレビを見ながら横になっていたら眠ってしまった。

女房が戻ってきて少ししたところ,5時半頃に私も温泉に。広くない浴場だが,他の客がいなかったので,広々と一人で使えた。鉄分が含まれていて,赤い色の温泉。ゆっくりつかった。

6時半から向かい側の部屋で夕食。まずはビール。中瓶1本を二人で飲み,その後,地酒比較セットで地酒4種の味見。女房は気に入った酒を1合常温で,私はビールの中瓶をもう1本。

料理は見た目もうつくしく,味もよい。焼きたての鮎も最高だった。















最近の宿は,最初に料理すべてを出し,ゆっくり飲んでいると,ご飯まで出てきてしまう。でもここは,1品ずつゆっくり出てくるので,のんびり飲みながら,自分たちのペースで夕食が楽しめた。

ゆったりしていたようで,2時間くらいだった。最近の宿は,この2時間もかけさせてくれない。

部屋に戻ると二人とも,布団に横になり,すぐに眠ってしまった。途中で起きて,歯を磨いたり,水分を補給したり。そしてまた,ぐっすりと眠った。