熱田界隈をぶらついた

女房は午前は瑞穂図書館,午後は熱田図書館に用がある。瑞穂図書館に迎えに行ったその足で,熱田まで行っていっしょに昼食。女房が図書館にいる間,私は熱田界隈を,この間買ったNikon Fを持ってぶらついた。

まずは名鉄駅の近くの駐車場に車を停めた。このあたりはあまり人が集まらないのか,駐車場はそれほど混んでいなかった。かつて,南区に住んでいた頃は,このあたりに来ることもあった。家族で入ったことがあるうどん店で昼食。

その後,ダイソーなどをながめてから,車まで戻り,車に乗って熱田図書館まで。そこの駐車場に停め直した。女房は図書館へ,私はカメラを持って,熱田神宮へ向かう。







モノクロ写真はNikon F+Auto Nikkor 24mm/F2.8で撮ったもの。

そして突然,Nikon Fの巻き上げができなくなり,シャッターも切れなくなった。いったいどうしたのだろう。もう壊れてしまったのか。一瞬青ざめた。

冷静になって考えると,装填していたフィルムは,試しに入れた期限切れのネオパンSSで24枚撮り。36枚撮りのつもりで巻き上げようとしていたが,もうフィルムが終わっていただけだった。フィルムを巻き戻し,新しいフィルムに交換。無事にまた撮影可能になった。

熱田神宮へ向かう歩道橋の上から。

ここからの写真は,高校生のころにも撮った。1974年2月10日の同じ場所の写真はこれ。これはNikon Fではなく,PENTAX SPで撮ったもの。

神宮内に入ったが,とにかく暑い。あまり撮影もできず,歩くのみになってしまった。また,そのとき撮ったモノクロ写真は,フィルムがまだカメラの中なので,それを撮り終わって現像ができたときになる。



もう一度,きよめ餅喫茶の写真を撮った。右隣は駐車場,左隣は空き地。このあたりはかなり廃れてきた印象。

バス停の屋根には,木の枝や葉が落ちていた。

いまは人が通る陸橋しかないが,かつてはここに踏切があった。開かずの踏切だった。

カラスが鳴いていた。

路地に入ると飲み屋が並んでいた。いまでもやっている店がありそうだ。

もうやっていないだろうサントリーバー。

そのまま図書館まで戻り着いた。ちょうど時間になり,女房と落ち合って車で帰路につく。帰り道,女房が気になっていた店に寄って,ケーキと飲み物。

午後4時頃に帰宅。少し休んでから,今日撮り終えたフィルムの現像を,この現像キットでした。


これで2回目。今回はあせらず,手際よく,うまく現像できた。

7月6日に映画を見に今池に行った。そのとき撮った写真。





露出はすべて勘で適当だが,それなりにうまくいったようだ。

デジタルカメラなら,きれいに撮れるし,フィルム代や現像代などのコストもかからない。あえてフィルムで撮影することはない。そのように思っていたが,こうやって撮ってみて現像してみると,これもなかなかおもしろい。現像タンクなど,フィルム現像の一式をそろえたくなった。

今回もそうなのだが,フィルムは現像したが,それをデジカメでデジタル化している。引き伸ばすところまでアナログでやろうとは思わない。それには時間とコストがかかりすぎる。