虫の目

虫の目になってみた: たのしい昆虫行動学入門作者: 海野和男出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/09/27メディア: 単行本この商品を含むブログを見る副題「たのしい昆虫行動学入門」というところと,写真にひかれて買ってみた。

フィルム現像を再び

とうとう買ってしまった。現像タンクやダークバッグ,ポリビン,現像液など。並べるとこんな感じ。これで35mmモノクロフィルムの現像ができる。結婚するときに持っていた機材をすべて破棄して以来,34年ぶりにそろえた現像セット。デジタルカメラの便利さか…

Nikonの「接眼目当て」

Nikon Fを使うとき,眼鏡をかけたままファインダーをのぞくことになる。アイカップがあると使いやすそうだが,50年前のカメラにセットできるものがあるのだろうか。そのように思って検索してみると,すぐに見つかった。いまでもNikon純正品が購入できる。早…

万年筆を水洗い

万年筆を何本も持っているが,頻繁に使っているのは会社で1本,自宅で1,2本くらいだろう。そのため,しばらくするとインクが乾いて書けなくなる。ずっと前に買ったモンブランとかパーカーとかシェーファーは,もうインクを入れていない。きれいに洗って片付…

廃炉時代が始まった

廃炉時代が始まった この原発はいらない (リーダーズノート新書)作者: 舘野淳出版社/メーカー: リーダーズノート発売日: 2011/08/31メディア: 新書 クリック: 20回この商品を含むブログ (1件) を見る古い本だが気になった。今だからこそ読んでみたい。

洞川温泉はキャンセルして平城宮跡歴史公園

昨日,夕食を食べたのと同じ部屋で朝食。実はこの部屋,明治26年に島崎藤村が逗留していた部屋らしい。 朝食はこんな感じ。昨夜,たくさん食べたので,朝はそんなに食べられないと思っていたのに,時間になるとちゃんと空腹になった。 食後に庭に出てみた…

吉野温泉旅行(1日目)

今日から15日まで,吉野温泉・洞川温泉への夫婦旅行。超大型の台風10号が近づいてきているので,ちょっと心配だったが,15日は,旅館を出たらそのまま帰宅する予定で出かけることにした。午前6時45分頃に車で家を出た。渋滞はなく,快適なドライブ。家でおに…

結局、ウナギは食べてもいいのか問題

結局,ウナギは食べていいのか問題 (岩波科学ライブラリー 286)作者: 海部健三出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2019/07/19メディア: 単行本この商品を含むブログを見るやっぱり気になる。タイトルにつられて買ってしまった。

40年くらい前に買ったブロッター

いつ買ったのか忘れてしまった。おそらく40年は前だと思う。インクを吸い取る紙を取り付けたもの。ブロッターというらしい。 ブロッターというと,古風なデザインのものが連想されるが,このプラスチック製で現代風のデザインが気に入って買ったことを覚えて…

買った本の角が折れていた

いつも買っているネット書店。電子書籍も同じところをメインで使っている。紙の本を買っていると,電子書籍が50%オフになるのも魅力で,紙の本もできるだけこちらで買うようにしている。ところが今回届いた本,3冊のうち2冊の角がひどく折れていた。読めれ…

増補戦後写真史ノート

増補 戦後写真史ノート―写真は何を表現してきたか (岩波現代文庫)作者: 飯沢耕太郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/04/16メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る中公新書版を古本で買ったが,増補版をぜひ読みたくなり,こ…

HUAWEI P20 lite

新しいスマホを買った。いまHUAWEI nova liteを使っているので,その後継機であるnova lite3と思っていた。でも,回線を契約しているIIJmioのサイトを見ると,HUAWEI P20 liteが\12,800円とあった。機種としても,私の用途では問題ない。とにかく安さで購入…

東京出張

今日は打ち合わせのために東京へ。打ち合わせは午後3時からだが,昼頃に東京に着くように出かけ,久しぶりに日本カメラ博物館に寄ってみた。朝は会社に出た。ブラインドのすき間から光が差して虹が見えた。ブラインドを少しのけてみると,ガラスに貼られたシ…

熱田界隈をぶらついた

女房は午前は瑞穂図書館,午後は熱田図書館に用がある。瑞穂図書館に迎えに行ったその足で,熱田まで行っていっしょに昼食。女房が図書館にいる間,私は熱田界隈を,この間買ったNikon Fを持ってぶらついた。まずは名鉄駅の近くの駐車場に車を停めた。このあ…

斎場に紅白ののれん

近所に新しい斎場ができた。今日,仕事帰りに見て驚いた。紅白ののれんがついていた。オープン記念の内覧会だから,めでたい紅白なのだろうか。

プログラミング思考のレッスン

プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)作者: 野村亮太出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/06/17メディア: 新書この商品を含むブログを見るタイトルにつられて買った。内容は読んでからのお楽しみ。

「%」がわからない大学生

「%」が分からない大学生 日本の数学教育の致命的欠陥 (光文社新書)作者: 芳沢光雄出版社/メーカー: 光文社発売日: 2019/04/16メディア: 新書この商品を含むブログを見る数学教育の何が問題なのか。気になっているので買ったみた。

AI原論

AI原論 神の支配と人間の自由 (講談社選書メチエ)作者: 西垣通出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/04/10メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る気になっていた本だが,なかなか読めないだろうと思って買えなかったが,今回,セールだ…

追悼 孤高の大経済学者・宇沢弘文-週刊東洋経済eビジネス新書

追悼 孤高の大経済学者・宇沢弘文 (週刊東洋経済eビジネス新書)" title="OD>追悼 孤高の大経済学者・宇沢弘文 (週刊東洋経済eビジネス新書)">OD>追悼 孤高の大経済学者・宇沢弘文 (週刊東洋経済eビジネス新書)作者: 週刊東洋経済編集部出版社/メーカー: 東洋…

豊田おいでんまつり花火

今日は娘夫婦に誘われて,豊田おいでんまつりの花火を,マンションの屋上から見ることができた。女房は図書館でバイトの日だったので,地下鉄の八事駅ホームで落ち合い,そこから豊田市駅まで。予定していたよりも早めの電車に乗れたので,午後6時20分くらい…

東京あの時ここで(昭和戦後史の現場)

東京 あの時ここで―昭和戦後史の現場 (新潮文庫)作者: 共同通信社,共同通信=出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/10/28メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (7件) を見る「戦後史の決定的瞬間」(ちくま新書)を読んでいて知った。こちらも見…

MacBook Air(Mid2011)のバッテリ交換

High SierraをクリーンインストールしたMacBook Air(Mid2011)のバッテリを交換した。Appleのサポートは終了しているので,Amazonのマーケットプレースでサードパーティー製の交換用バッテリを購入。MacBook Airを分解するためのドライバも付属している。そ…

日常に生かす数学的思考法

日常に生かす数学的思考法―屁理屈から数学の論理へ (DOJIN選書38)作者: 竹山美宏出版社/メーカー: 化学同人発売日: 2011/04/05メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 23回この商品を含むブログを見る仕事に使えるネタはないものか,と古本を買ってみた…

MacBook Air(Mid2011)をHigh Sierraに

AppleStoreからMacBookが消えた。そろそろマイナーチェンジがありそうだったので,そのあとで買おうと思っていた。それが商品群から消えてしまった。まあ,MacBook Airとの違いがかなり小さくなったので,しかたがないことかもしれない。でも,12inchのサイ…

東京都写真美術館

今日は午後から東京で会議がある。いつものように早めに東京に行って,今回は東京都写真美術館に寄ることにした。朝,早めに家を出たら,新幹線の時間の40分前に名古屋駅に着いてしまった。マナカにチャージして,いつものグレープフルーツジュースを買って…

修理後の車

修理後の車の写真を撮った。後の自転車などがうつってしまい見づらいが,きれいに修理されていた。

映画「新聞記者」を見た

先週に続き,女房と映画を見に出かけた。少し前に知った映画「新聞記者」だ。現政権に対する批判もあり,いまの政治情勢から見て,よく公開できたと思うが,そのような状況であることは,映画ではなく現実の問題として心配だ。チケットは2日前にネットで買っ…

LUMIX GM1の電源スイッチ部分がとれた

小型のミラーレスカメラLUMIX GM1は大変お気に入りのカメラだ。小さい割に性能がよく,写りも悪くない。OLYMPUS Tough TG-5を買う前は,いつも持ち歩くカメラだった。そして,今でもときどき持って出かける。そのカメラで,今日届いたトレース用ライトボック…

トレース用ライトボックス

Amazonのタイムセールにつられて,トレース用ライトボックスを買ってしまった。 絵をトレースすることはまずない。小物の写真撮影のライトもしくはバックに使おうと思っていた。ところが,トレース用ということで,それほどの明るさはない。また,全面に小さ…

車の修理が終わった

昨夜,娘が来て泊まった。今日は女房と二人で「ブレスト!」というものを見に行った。本当は,娘は夫婦で行くつもりだったらしいが,旦那が仕事で行けなくなった。それで女房が招待された。息子は仕事が忙しいようだ。忙しさに波があり,いまはかなり忙しい…